早稲田大学テニス部_ウォーミングアップ_フィジカル・シリーズvol.01【本誌連動記事&動画】

テニスマガジン2019年6月号_フィジカル・シリーズvol.01_早稲田大学テニス部が紹介するウォーミングアップ記事の関連動画です。

 全日本大学対抗テニス王座決定試合(略称:大学王座)でアベック13連覇中。現在、大学テニスのど真ん中にいるのが早稲田大学だ。一年ほど前から学生トレーナーを迎え入れるなど、フィジカル面にも力を入れている。大学日本一のチームが練習前に行うウォーミングアップを、みなさんもぜひ体験してほしい。【2019年6月号掲載/学年などは当時】

写真◎井出秀人、BBM

201906_TM_ウォーミングアップ_早稲田大学テニス部

youtu.be

ウォーミングアップの目的

●体を温める
(=体を目覚めさせる)

●硬い筋肉を伸ばし、動きやすくする
(=可動範囲を広げる)

●筋肉に刺激を入れる
(=力を出しやすくする)

●神経の機能を高める
(=反応、判断を素早くさせる)

●精神面の調整
(=心の準備、緊張ほぐし、戦う意志)

学生チーフトレーナー/鈴木恵理(3年)
「4月からメニューが新しくなりました! なんとなく流すのではなく、ひとつひとつの動きを通じて、自分の体と対話しながら行ってください!」

A|ランニング(orバイクor縄跳び)

体を温める。場所がなければ、その場でできるものでも代用可能

01ランニング(コート2面を3周/2~5分)
最初の動きなので徐々に体を温めていく。試合会場などでコートが確保できなければ縄跳びなど。全身を意識しながら

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録