早稲田大学テニス部_ウォーミングアップ_フィジカル・シリーズvol.01【本誌連動記事&動画】

B|上肢のダイナミックストレッチ

肩甲骨周囲の筋群を活性化し、可動性を高める。

02アップ&ダウン(10m)
両腕を上げ下げする。両腕だけで動かさず、肩甲骨を上下に動かす。コート半面(約10m)の距離を歩きながら行う

03フロント&バック(10m)
両腕を体の前で開閉する。肩甲骨を外側に開き、内側に寄せる。両肩だけが前後へ行かないように

04 イン&アウト(10m)
二の腕(上腕)を支点にして両腕を上下に動かす。肩甲骨を前後に傾ける

05フロントローテーション
06バックローテーション(各5m)
02~04の動作を組み合わせながら両肩を前から(写真上/フロント)、後ろから(写真下/バック)回す。肩甲骨をしっかりと動かすことで刺激を入れる。歩きながら行うことで体を温める目的もある。鎖骨から動かすことを意識するとよい

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録