錦織は全豪で2度目の初戦敗退、カレーニョ ブスタが2年前の借りを返す [オーストラリアン・オープン]

写真は錦織圭(日清食品)(Getty Images)

今年最初のグランドスラム大会となる「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・ビクトリア州メルボルン/本戦2月8~21日/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、錦織圭(日清食品)は第15シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)に5-7 6-7(4) 2-6で敗れた。試合時間は2時間23分。

 全豪に2年ぶり10回目の出場となる31歳の錦織は、過去4度(2012年、15~16年、19年)のベスト8がこれまでの最高成績。前回プレーした2019年は3試合のフルセットを乗り越えたあと、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)との準々決勝を第2セット途中でリタイアしていた。

 この結果でカレーニョ ブスタは錦織との対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。2019年オーストラリアン・オープン4回戦で初対戦し、錦織が死闘の末に6-7(8) 4-6 7-6(4) 6-4 7-6(10-8)で勝っていた。

 昨日まで開催されていた世界テニス国別対抗戦「ATPカップ」(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)に日本代表のエースとしてプレーした錦織は、ダニール・メドベージェフ(ロシア)とディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)に敗れて今大会を迎えていた。

 アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスからのチャーター便でメルボルン入りした錦織は、同乗者に新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性と判定された人物が出たため練習のための外出もできない完全隔離の検疫期間を過ごしていた。

 カレーニョ ブスタは2回戦で、イリ・ベセリ(チェコ)と予選を勝ち上がってきたキマー・コペヤンス(ベルギー)の勝者と対戦する。

 2020年シーズンの錦織は9月のキッツビューエル(ATP250/クレーコート)で右肘の手術から約1年ぶりに復帰したが、フレンチ・オープン(フランス・パリ)を含むクレーコートの4大会でプレーして2勝4敗の戦績を残した。(テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related