ズベレフが1セットダウンを克服して初戦を突破 [オーストラリアン・オープン]

写真はアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)(Getty Images)

今年最初のグランドスラム大会となる「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・ビクトリア州メルボルン/本戦2月8~21日/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が1セットダウンからマルコス・ギロン(アメリカ)を6-7(8) 7-6(5) 6-3 6-2で倒して初戦を突破した。試合時間は2時間42分。

 全豪に6年連出場となる23歳のズベレフは昨年の大会で初のグランドスラム4強入りを果たし、準決勝でドミニク・ティーム(オーストリア)に6-3 4-6 6-7(3) 6-7(4)で敗れていた。16歳だった2014年には、ジュニアの部でチャンピオンに輝いている。

 2020年シーズンのズベレフはツアー2勝を挙げ、9月のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)では死闘の末にティームに敗れたが準優勝を飾っていた。

 ズベレフは次のラウンドで、ラッキールーザーで本戦入りした日本のダニエル太郎(エイブル)と予選を勝ち上がってきたマキシム・クレッシー(アメリカ)の勝者と対戦する。

 第15シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)は日本の錦織圭(日清食品)を7-5 7-6(4) 6-2で下し、2年前の4回戦で死闘の末に敗れたときの雪辱を果たした。

 そのほかの試合では第18シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、第20シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、第29シードのユーゴ・アンベール(フランス)、アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)、マートン・フチョビッチ(ハンガリー)、イリ・ベセリ(チェコ)、イゴール・ゲラシモフ(ベラルーシ)、ジェームズ・ダックワース(オーストラリア)が2回戦に駒を進めた。

 第25シードのブノワ・ぺール(フランス)はゲラシモフに2-6 6-2 6-7(5) 5-7で敗れ、初戦でシードダウンを喫した。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、LLはラッキールーザー

男子シングルス1回戦|主な試合結果

○11マートン・フチョビッチ(ハンガリー)4-6 6-3 6-1 6-7(3) 6-3 ●12マーク・ポールマンス(オーストラリア)[WC]

○22アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)6-4 7-5 5-7 6-4 ●21アルヤズ・ベデネ(スロベニア)

○32アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[6] 6-7(8) 7-6(5) 6-3 6-2 ●31マルコス・ギロン(アメリカ)

○40ユーゴ・アンベール(フランス)[29] 6-3 6-4 6-7(3) 6-3 ●39内山靖崇(日本/北日本物産)

○41グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[18] 6-4 6-2 7-6(5) ●42マリン・チリッチ(クロアチア)

------

○46イリ・ベセリ(チェコ)6-4 3-6 6-7(3) 6-3 6-3 ●45キマー・コペヤンス(ベルギー)[Q]

○48パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)[15] 7-5 7-6(4) 6-2 ●47錦織圭(日本/日清食品)

○54ジェームズ・ダックワース(オーストラリア)6-3 6-2 6-4 ●53ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)[LL]

○56フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)[20] 6-2 6-4 6-2 ●55セドリック マルセル・ステッベ(ドイツ)[LL]

○58イゴール・ゲラシモフ(ベラルーシ)6-2 2-6 7-6(5) 7-5 ●57ブノワ・ぺール(フランス)[25]

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related