世界2位メドベージェフが出場5年目にして大会初勝利 [フレンチ・オープン]

写真はダニール・メドベージェフ(ロシア)(Getty Images)

今年2つ目のグランドスラム大会「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月30日~6月13日/クレーコート)の男子シングルス1回戦で、第2シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)がアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)を6-3 6-3 7-5で下して大会初勝利を挙げた。試合時間は1時間54分。

 ロラン・ギャロスに5年連続出場となる25歳のメドベージェフは、昨年まで未勝利ですべて初戦敗退に終わっていた。秋に開催された昨年は、マートン・フチョビッチ(ハンガリー)に4-6 6-7(3) 6-2 1-6で敗れていた。今季のクレーコートシーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したこともあってここまで2大会しかプレーしておらず、1勝2敗の戦績で今大会を迎えている。

 今シーズンのメドベージェフは2月にオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で準優勝を飾ったあと3月にマルセイユ(ATP250/室内ハードコート)でタイトルを獲得し、『ビッグ4』以外で政界ランク2位の座に就いた15年半ぶりの選手となった。

 メドベージェフは次のラウンドで、ワイルドカード(主催者推薦枠)を得て参戦したクリストファー・オコネル(オーストラリア)を6-2 6-4 4-6 4-6 10-8で破って勝ち上がったトミー・ポール(アメリカ)と対戦する。

 そのほかの試合では第15シードのキャスパー・ルード(ノルウェー)、第18シードのヤニク・シナー(イタリア)、第31シードのジョン・イズナー(アメリカ)、第32シードのライリー・オペルカ(アメリカ)、フィリップ・クライノビッチ(セルビア)、キャメロン・ノリー(イギリス)、フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)、チアゴ・モンテーロ(ブラジル)、ジャンルカ・マーゲル(イタリア)、スティーブ・ジョンソン(アメリカ)が2回戦に駒を進めた。(テニスマガジン)

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、LLはラッキールーザー

男子シングルス1回戦|主な試合結果

○37キャメロン・ノリー(イギリス)7-5 7-6(5) 6-2 ●38ビヨン・フラタンジェロ(アメリカ)[Q]

○41ヤニク・シナー(イタリア)[18] 6-1 4-6 6-7(4) 7-5 6-4 ●42ピエール ユーグ・エルベール(フランス)

○43ジャンルカ・マーゲル(イタリア)6-2 3-6 6-4 7-5 ●44ペーター・ゴヨブチック(ドイツ)[LL]

○81キャスパー・ルード(ノルウェー)[15] 5-7 6-2 6-1 7-6(4) ●82ブノワ・ペール(フランス)

○94フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)6-1 2-6 6-0 6-1 ●93ラドゥ・アルボット(モルドバ)

○102フィリップ・クライノビッチ(セルビア)6-4 6-1 7-6(3) ●101マクミリアン・マルテレル(ドイツ)[Q]

------

○104ジョン・イズナー(アメリカ)[31] 7-6(2) 6-3 6-4 ●103サム・クエリー(アメリカ)

○106チアゴ・モンテーロ(ブラジル)6-3 6-4 6-3 ●105フランシスコ・セルンドロ(アルゼンチン)[LL]

○107スティーブ・ジョンソン(アメリカ)6-7(5) 3-6 6-4 6-2 6-1 ●108フランシス・ティアフォー(アメリカ)

○121ライリー・オペルカ(アメリカ)[32] 6-3 6-2 6-4 ●122アンドレイ・マルティン(スロバキア)

○125トミー・ポール(アメリカ)6-2 6-4 4-6 4-6 10-8 ●126クリストファー・オコネル(オーストラリア)[WC]

○128ダニール・メドベージェフ(ロシア)[2] 6-3 6-3 7-5 ●127アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related