サーブの挑戦シリーズ【元インカレ選手『ナチュラルスピンサーブに挑戦』】


今回はサーブの挑戦シリーズ【元インカレ選手『ナチュラルスピンサーブに挑戦』】なります。

ナチュラルスピン(勝手にスピンがかかる)を打つためのチェック項目としてグリップの確認が必要です。

ナチュラルスピンサーブを打つには『コンチネンタルグリップ』で打つ必要がありますが『包丁持ち』と勘違いされている方がとても多いです。

包丁持ちよりも『薄い』グリップです。

次に打法は1つです。フラット、スライス、スピンサーブはトスの位置や面の微妙な角度で変化をつけますが、『打法』を変えてしまうと安定性を損ないます。

そして、再現性の高いスイングを身につけるために『投球動作』の練習をおすすめします。

身体の使い方にフォーカスすると投球動作とサーブはとてもよく似ています。正しい投球動作を身につけた上でサーブの練習をすると飛躍的に上達します。


続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

Related