サーブを打つ際、インパクトにかけて曲げていた腕を意図的に伸ばしたり、スピンをかけようと腕をねじったりする方をよく見かけます。

サーブを打つとき、ピッチャーがボールを投げるときに、インパクトやリリース前に曲げていた腕が伸びていますが、『意図的』に腕を伸ばしてしまうとスイングスピードは加速しません。

テークバックでプロネーション(前腕の回内+上腕の内旋)の動作、つまり予備動作(反対動作)を入れ、テークバックからフォワードスイングへは切り返し動作、スピネーション(前腕の回外+上腕の外旋)が入り、インパクト直前に再びプロネーションの動作が入ること、腕のねじり戻しでスイングスピードは加速します。

テークバックで曲げていた腕を意図的に伸ばしながらスイングしようとすると、この一連の腕のねじり戻しが起きなくなります。曲げていた腕が伸びているのは上半身と腕の回旋による遠心力などで、結果として腕は『伸ばされている』ということです。


続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

Related