サバレンカが3ゲームしか落とさずブーズコバに快勝、ベスト16が出揃う [マイアミ・オープン]

写真はアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)(Getty Images)


 WTAツアー公式戦「マイアミ・オープン」(WTA1000/アメリカ・フロリダ州マイアミ/3月21日~4月2日/賞金総額880万ドル/ハードコート)の女子シングルス3回戦で、第2シードのアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)が第31シードのマリー・ブーズコバ(チェコ)を6-1 6-2で退け16強入りを決めた。

 試合を通して一度もブレークポイントに直面しなかったサバレンカは、各セットで相手のサービスゲームを2度ずつ破って1時間7分で快勝した。

 サバレンカは次のラウンドで、第19シードのマディソン・キーズ(アメリカ)を7-6(4) 6-3で破って勝ち上がった第16シードのバーボラ・クレイチコバ(チェコ)と対戦する。ふたりの対決は3大会連続で、先月のドバイ(WTA1000/ハードコート)準々決勝はクレイチコバが0-6 7-6(2) 6-1で勝ったが、今月のインディアンウェルズ(WTA1000/ハードコート)4回戦ではサバレンカが6-3 2-6 6-4で雪辱している。

 そのほかの試合では第15シードのペトラ・クビトバ(チェコ)、第18シードのエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)、ビアンカ・アンドレスク(カナダ)、予選勝者のバルバラ・グラチェワ(ロシア)、ソラナ・シルステア(ルーマニア)、マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)が勝ち上がり、ベスト16が出揃った。

 シード対決ではクビトバが第22シードのドナ・ベキッチ(クロアチア)を6-4 7-6(3)で退け、アレクサンドロワが第9シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)を7-6(8) 6-3で倒し、ボンドルソバは第17シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)との同胞対決を6-1 6-2で制してシードダウンを演じた。

 4回戦ではクビトバがグラチェワと、アレクサンドロワがアンドレスクと、シルステアはボンドルソバと顔を合わせる。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録


写真◎Getty Images

Pick up


Related

Ranking of articles