カレーニョ ブスタがおよそ2年ぶりの優勝 [成都オープン]

「成都オープン」(ATP250/9月23~29日/中国・成都/賞金総額121万3295ドル/ハードコート)の男子シングルス決勝で、パブロ・カレーニョブスタ(スペイン)がアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)を6-7(5) 6-4 7-6 (3)で倒し、優勝を遂げた。

 カレーニョ ブスタは22歳のブブリクからの31本のサービスエースにも耐え、キャリア4つ目のタイトルを獲得した。彼がこれ以前に最後のタイトルを獲ってから、2年以上が過ぎ去っていた。

「僕はただ、ハードワークを続けようと努めてきた。なぜって、可能な限りの努力を積んでいれば、いずれその褒美を得られるとわかっているからだよ」とカレーニョ ブスタはコメントした。

「今、僕は4つ目のATPタイトルを勝ちとり、トロフィを手にここに立っている。僕にとってそれが戦い続け、このスポーツをプレーし続ける理由なんだよ」(C)AP(テニスマガジン)

※写真はパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)
CHENGDU, CHINA - SEPTEMBER 29: Pablo Carreno Busta of Spain celebrates victory after the Men's Singles final match against Alexander Bublik of Kazakhstan during the Chengdu Open tennis tournament on September 29, 2019 in Chengdu, Sichuan Province of China. (Photo by VCG/VCG via Getty Images)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録