「勝てない相手ももういない」…と言ったあの日からそれを実現した現在まで錦織圭の進化のスピードは凄まじいものがある。2016年は世界5位でフィニッシュ。自己最多の58勝(21敗)の戦績を残した。トップ4を脅かす筆頭となり、その超攻撃的テニスは今、次代のプレーヤーが目指すスタイルになっている。錦織が世界のテニスを動かしているのだ。ここでは6人の専門家に2016年の錦織が進化した点を解説してもらう。【2017年2月号掲載記事|技術特集】

This article is a sponsored article by
''.