高校1、2年生が対象のテニスの“高校センバツ”「第42回全国選抜高校テニス大会」(3月20~26日/団体戦:博多の森テニス競技場、個人戦:博多の森テニス競技場、県営春日公園テニスコート)の出場校を決定する選考委員会が25日、博多の森テニス競技場で行われ、下記のとおり決定した(男子出場校2ページ目、女子出場校3ページ目、選考枠 選考理由4ページ目)。

 高校センバツは各都道府県予選を勝ち抜いた上位2校が地区大会に進出し(北海道は道予選大会のみ)、地区大会で上位進出した高校の中から、選考委員会が選考した男女各48校が全国大会を争う。

 今後は組み合わせ抽選会が、2月23日(日)、同じく博多の森テニス競技場で行われる。

競技方法

団体戦◎複2本+単3本の合計5ポイント(試合順S1→D1→S2→D2→S3)で争われ、1、2回戦は1セットマッチ、3回戦と準々決勝は8ゲームプロセット、準決勝と決勝は3セットマッチ

個人戦◎予選および本戦1〜4回戦は8ゲームプロセット、準決勝以降は3セットマッチ。個人戦に出場できるのは団体戦に出場した学校の登録No1選手で、成績優秀選手は海外遠征「USオープン・ジュニア予選」または「日韓中ジュニア交流競技会」へ派遣される。


This article is a sponsored article by
''.