世界一を育てたコーチに学ぶ「トニー・ナダル」(1)ラファを指導した経験談とそこで学んだこと

2013年11月下旬にイタリア・ミラノで行われたGPTCA(※)の研修で、同団体の創始メンバーのひとりで、ラファエル・ナダルのコーチであるトニー・ナダルが、ツアーコーチを目指す指導者たちのための講習を行った。甥のラファをテニス選手としてだけでなく、正しい姿勢を持った人間となるよう育てたことで知られるトニー。筋金入りの強い性格とカリスマ性で名高い彼が、「ラファを世界の頂点に導くまでの秘話」や「トニー独自のコーチングの原則」「指導哲学」、そして「ラファが子供時代からトップに至るまで使い続けている練習法」までをつぶさに語ってくれた。(レポート◎木村かや子、構成◎編集部)【テニスマガジン2014年3月号掲載記事】

GPTCAとは

欧州のトップコーチのイニシアチブによって創設された「グローバル・プロ・テニス・コーチ・アソシエーション」、通称「GPTCA」。ATPやWTAのツアー選手を指導したコーチたちによるこの協会の目的は、ツアー生活で学んだ経験を、ツアーコーチになることを目指すコーチたち、ATP/WTAのプロとなる夢を胸にユース選手たちとともにツアーを巡るコーチたちに伝えることにある。その目的の下、GPTCAは世界各地でコーチのための研修を行っている。このレポートはイタリア・ミラノで行われたもの。

Speach|講義

ラファを指導した経験談とそこで学んだこと

 トニーのコーチとしての特異さは、甥である幼いラファエルに、何より彼の選手としての成功の土台となった「強く正しい精神」を教え込んだことにある。それは、ラファを幼少の頃から現在に至るまで育てたがゆえに可能となったことであり、確かに、すでに成人したプロを指導することの多いツアーコーチの皆に真似できることではない。しかし彼の信念は、技術を教えること以上に、「学ぶ能力と努力を続ける気骨を育てることこそがコーチングに不可欠な基盤なのだ」という、コーチングの根になる部分を気づかせるものだった。

写真◎田中エリカ

ラファの成功の鍵は「地味な努力を続ける意欲」

 ラファの指導は、そう難しいものではなかった。というのもラファは、ごく小さな頃から勝ちたいという強い意欲を持った子供だったからだ。この意欲は、おそらくサッカーをやる中で培われた。

 ラファは小さなとき、サッカーにすごく燃えていて、テニスは彼の中で2番目のスポーツだった。当時のラファはとりたててよいテニスプレーヤーではなかったが、彼の意欲こそが、練習さえ積めばすぐれたプレーヤーになることを可能にしたものだった。

 その頃の私は、マヨルカの小さなテニスクラブで少人数のチームを教える、ごく普通のコーチだったが、教え子の中にはよいレベルのプロ選手になれると思う選手が何人かいた。だから私はその頃からいつも、自分の教え子のひとりがいつの日か非常によいレベルのプロ選手になる、という夢を抱いていた。しっかり努力を積み続ければ、結果的にラファがそうなったような、よい選手、よいプロを育てられると。

 私は昔も今も、シンプルな毎日の練習の力を信じている。ラファの前に、ユースの年齢別でスペイン12位と6位だった選手を教えたことがあったが、私はずっと、よい選手を育てることは可能だと思っていた。 それは、私が何より毎日の練習の積み重ね、日々の努力というものを信じていたからだ。それさえやっていれば、よいテニス選手を育てるのはそう難しくない、若い選手たちに、毎日努力をさせ続けることさえできればそれは可能だ、と信じていたし、その考えは今も変わらない。

「一見簡単に見える努力を、毎日たゆみなく積んでいくこと」――それが、ラファをコーチするにあたり、ずっとやってきたことだった。常にシンプルさ、シンプルな努力の積み重ねという概念を持って。常に完璧を目指し努力を続ける意欲が、成功の鍵なのだ。

 夢を実現するためにもっとも重要なのは、目標を定め、そのための努力をすることだ。私とラファは、常にはっきりした目標を立ててきた。ひとつは、短い時間でできるような短期の目標、そしてもうひとつは、より時間がかかり、より大きな長期的目標だ。そして、私が何より力を入れていたのは、第一に正しい姿勢と気質を養うということだった。

 私にとってもっとも重要だった要素は、ラファの姿勢と性格だった。私はその部分の強化に力を入れたし、それは他の選手の場合にも当てはまると思う。というのも強いキャラクター、根性を持った者は、より大きな可能性を持つことができるからだ。

大事なのは、正面から『現実』と向き合うこと

大事なのは、正面から『現実』と向き合うこと

 私はいつも、非常にシンプルなコンセプトからスタートしてきた。テニス選手をコーチするということが、難しく複雑な仕事だと私は思っていない。この私がやってのけたのだから、難しいはずがない(笑)。

 複雑な戦術や方法論を説き続ける人に耳を傾け続けていると、選手は疲れてしまう。私は、テニスは基本的に相手がいない場所に、ボールをできるだけ強く打つものだと考えている(言うまでもなく、場合によっては、相手の体の正面に打ったほうがいいときもあるけれど)。

 また、私はいつもラファに、常に現実と直面することが大事だと言ってきた。私は選手を“お前はすごい”とか“お前は特別な才能の持ち主だ〟などと誉めそやすタイプのコーチではない。私は普通の人間をコーチしているのであり、ただ、今やっていること、やろうとしていることを説明する。そして何より、現実が何であるかを率直に言う。それは練習でも、試合においてでも同じだ。

 2006年のモンテカルロ・オープン決勝で、ラファがフェデラーと決勝を戦うことになったときのことをよく憶えている。

 ラファはよく試合の前に、「今日はどうみる、何が起きると思うか」と聞いてくるが、このときフェデラーについて聞いてきたので、私は、「フェデラーはお前よりよいファオアハンドとバックハンドストロークを打つ」と答えた。それから「ボレーもお前より上だな」「言うまでもなくサーブはかなりはっきりフェデラーの方が上だ」と続けて答えていたら、ラファは「待って、ストップ、もう言わなくていい」と私を制し、「もう十分だ。とにかく意欲と根性を持って、自分のベストを尽くし、自分を信じてこの決勝を戦うよ」と言ったんだ。

 だから私は、「嘘を言うこともできるが、でもフェデラーのプレーは嘘をつかない。彼はコートで現実を見せるだろう。フェデラーのショットのほうがお前のそれより上だというのは事実だ。でもお前がフェデラーに勝つことは可能だと思うし、勝つために何をすべきかを話し合おう」と言ったのさ。

 ジョコビッチに対する場合もそれは同じだ。ラファのサーブがジョコビッチに対して効果的ではなかったので、昨年のマスターズの前には、ジョコビッチと張り合い続けるためには、集中的にサーブを向上させなければいけない、と私は言った。まずは、現実を見つめ、それから何ができるかを、どこをつけるかを考えて対策を練るのだ。

 事実を言うということは比較的簡単だ。よくないのに褒めたり、はぐらかしたり、事実とは違うことを言って映画みたいに話をつくり上げるほうがずっと複雑なことなのだよ。

写真◎小山真司

「一見簡単に見える努力を、毎日たゆみなく積んでいくこと」ーーそれが、ラファをコーチするにあたり、ずっとやってきたことだった。

真実を直視するのは、解決策を見つけるためだ

真実を直視するのは、解決策を見つけるためだ

 とはいえ、我々(コーチ)が持つ問題は頻繁に、プロの場合、コーチが選手に雇用される身であることからくる。我々の選手たちは、やっている仕事の主役であり主人だ。人に不愉快な真実を言うのは常に難しいものだから、言う相手が雇用者である選手の場合、いっそう不快な事実を仕事の主人に言うことへの恐れが存在する。しかし、真実を言うのは、常にそこにある『本当の問題』に取り組むためなのだ。問題をまっすぐ見つめ、見極めて、それを解決するという仕事に取りかかるためなのだよ。

 確かに、この主役である選手とコーチの関係は常にデリケートだ。不愉快な真実をつきつけられたら、雇用者である選手が気分を害するかもしれないという恐れがあるがために、問題の原因を実は関係のない別のところから探してこようとする、というような事態が起きる。

 ツアーを回り始めたとき、またその後も何年かは、我々のチームは私とラファだけで、他の人はいなかった。当時の我々は、コート内外で出合う直接的問題に、直接的に取り組めばよく、ことはシンプルだったよ。しかし後にラファのキャリアが発展し、非常によい選手とみなされ始めると、フィジオセラピスト、医師、トレーナーなどがやってきてチームも拡大し、そこにマネージャー、プレス、スポンサーなども加わって、その各々が自分の意見を言うがために、混乱が起きた。本当の問題の原因から離れてしまう、ということが起こり始めたのだ。

 これから話すことは、2004年にリヨンで起きたことだ。

 我々はナイキとの大きな契約を初めて更新しようというところだったが、そのリヨンの大会に、ナイキのワールドワイド部門のディレクターが、ラファがいい選手かどうかを見にやってきたのだ。彼はまだラファのことをよく知らなかったが、我々は会い、それから一緒に食事に行って、ラファはそのディレクターの前で2枚のピザを平らげた。それから翌日に何をするかについておしゃべりを始め、試合は火曜日でまだ2日あったので、ラファは練習のあとにゴルフをしにいくつもりだと話した。

 そして火曜日にラファは、ジュリアン・ベネトーに3-6 0-6で負けたんだ。ディレクターは試合後にラファのマネージャーに電話をし、「ラファはプロとしてよい姿勢を持っていない。ピザを2枚も食べて食事に気を配っていない様子だし、大会前にゴルフをして遊んでいる」と苦情を申し立ててきた。

 心配したマネージャーが電話してきて、何が起きたと聞いてきたので、ラファは「何も変わったことはしていないよ。いつも空き時間にゴルフをしているし、いつもどおりのことをしただけだ。ただ今回は負けてしまったというだけで」と答えた。私は、「我々はいつもどおり普通に過ごしただけだが、人は違った意見を持っている。苦情がきて疑念をもたれるというなら、もちろんいくつかの生活習慣を変えることはできるが」と答えたのだけれどね。

 1ヵ月後、我々はマドリードの大会に行き、ラファはひどくまずいプレーをして、アレックス・コレチャに敗れた。そしてそのときには協会の医師が、彼の父、代理人、フィジオ、トレーナー、私など、すべてのスタッフの前で、問題は、ラファがコートの外でエネルギーを消耗していることだと言った。ピンポンとビリヤードをやっていたので、それが問題だと医者が指摘したのだよ。

 その1ヵ月後、ラファは当時世界2位だったアンディ・ロディックを破り、デビスカップで優勝した。そしてこの試合からしばらくして、ラファは世界2位に至った。そしてそれ以来、ラファは変わらずピザを2枚食べ、ゴルフをしていたというのに、ピザもゴルフもすべてよしということになったのさ。ゴルフは、実際テニスで感じる緊張感とストレスを和らげてくれるものでもあり、ビリヤードをプレーしたからといってエネルギーを消耗したりはしない。

 これらの混乱はすべて、現実と向き合わなかったということから起きたのだ。ある選手の調子がよくないとき、多くの人は言い訳を探し、周辺の関係ないことから解決策をひねりだそうする。しかし現実は、よりシンプルだ。問題は単に、ベストの力を出せなかったということなのだよ。

写真◎毛受亮介

私はどんな可能性も否定したくない。全力を尽くした上でできなかったら、それはそれでいい。けっかがなんであれ、「夢のために戦う」ということが大切なのだ。

コーチの役目とは何なのか

コーチの役目とは何なのか

 最近は違うが、ラファは基本的に子供のときから常に同じ練習法を続けてきた。言いたいのは、テニスはそう難しいものではないということ。概念はシンプルであり、それは毎日の努力の積み重ねだ。コーチとして選手と一緒に働く上でもっとも重要なのは、そのことを伝え、わからせることであり、そういう意味で、コーチも違いを生み出すことになる。

 ただ私は、導き手(ガイド)という言葉は使いたくない。というのもラファは小さいときからほぼ自主的にしっかり練習する子だった。子供の頃から精神面、性格面で、正しく形成され、苦境で頑張る根性、意欲を持っていた。だからこそ、彼は毎日しっかり練習を積み、大人になってから湧いてくる問題にうまく対処することができたのだよ。精神面、性格面で適切な人間形成ができていれば、プロになってからの仕事がずっと楽になるのだ。

 我々の仕事、テニス界において、コーチはより重みを持たなければならないし、選手からより敬意を受けられるよう努力しなければいけない。私は、自分の甥ではあるが、ラファという、人間としてコート内外で正しい姿勢を持った選手を指導する幸運を授かった。しかし頻繁に、コーチが選手のラケットバッグを運ぶなど、荷物持ちの仕事までしているのを目にするが、これはコーチの仕事内容に相当しない。

 私がある選手と働いていたなら、選手は決して私にそのようなことを頼んだりはしないだろう。モンテカルロ・オープンで、ストリングを替えてもらうためにラファのラケットをストリンガーに届けにいったことはあるし、状況的に必要な場合にはときどきそういうこともある。しかし、それは特殊なケースで、決して自動的なことでも習慣でもない。モンテカルロでは観衆の中を歩いて届けにいかなければならないので、ラファがやるわけにはいかなかったが、そうでなければ彼自身が届けにいっている。ラファは自分のラケットを届けにいくことに何の抵抗もないし、私は練習にいくときにラファの荷物を運んだことは一度もない。そして私は、それを自分のためではなく、彼のためにやっているんだよ。

 思うに、コーチが自分の仕事に相当しないことをやるのが習慣になってしまうと、その結果、選手からの敬意を失うことになる。これが問題なのだ。コーチが下手に出すぎるとその言葉に信憑性がなくなり、選手にとって、コーチの言うことに耳を傾けるのがより難しくなってしまう。つまりそれは、選手にとって害にこそなれ、実りにならないことなのだ。

 幸い私はこの手のことで問題を抱えたことは一度もなかった。なぜなら、私はいつも『普通の人』と働いてきた。ラファは良い選手であっても普通の人間で、特殊な人間だなどと私は思っていない。

2012年フレンチ・オープン優勝(7連覇を達成。13年も優勝して現在8連覇中)。恒例の決勝翌日のフォトセッションは、パリのエッフェル塔の前でトロフィーを抱えて、スペインの国旗をまとって(写真◎毛受亮介)

コーチが選手とともに抱く夢と野望が選手の未来なのだ

コーチが選手とともに抱く夢と野望が選手の未来なのだ

 GPTCAについて話したい。私たちの主なコンセプト、使命のひとつは、みなに「コーチの役割とは何か」を理解させることだ。私は小さな子供を教えるごく普通のコーチだった。みなさんのようなコーチだったから、みなさんの状況は私にはよくわかる。当時から、今ここでやっているように、彼ら(メンタル分野の専門家であるカステラーニ氏やツアーコーチ経験者のピストレージ氏)のようなオープンなコーチの話を聞くことができたらどんなによかったかと思う。

 私はマヨルカの田舎で、偉大な選手を育てたいと願ってはいたが、当時は情報が不足していた。幸運にも私はプロコーチになることができ――私は決して偉大なコーチではないが――もしこの私がプロコーチになれたというなら、他の多くの人々にも間違いなくそれができるはずだ。今、より多くの質の高い情報を得ることのできるあなた方にならきっとできる。

 他の人の話に耳を傾ける、ということは重要だ。何でもかんでも鵜呑みにするということではないが、私は誰かがよいことを言ったら、いつも耳を傾けてきた。単にコーチとして経験を積んだ人だけでなく、あらゆる人々のよい言葉に耳を傾ける。もちろん、ツアーを回って経験を積んできた者から話を聞けるにことに越したことはないけれど、みなから、常に何かを吸収できるものなのだ。

 私はラファが伸びていく際に、フェデラー、ジョコビッチ、マレーなど、彼らが育つのも目にし、その過程から学び、いわばこれらのみんなと一緒に育ってきたのだ。

 私は常にラファはよい選手になれると信じていたが、もう何年も前にカルロス・モヤが、「ラファがアルベルト・コスタと同等の成績(ロラン・ギャロス優勝)を挙げられる選手になることに賭けるか」と聞いてきたことがある。ラファは「ノー」と言ったよ、賭けないとね。そのあとモヤが、ラファが次代のカルロス・モヤになるという賭けにサインするか、と私に聞いてきたから、私は「する」と答えた。ラファ本人が目の前にいたからね(笑)。

 とにかく私は常に、ラファがよい選手になれると信じてきたが、それは「トップ選手になりたい」というのがラファ自身の野望だったからでもある。私はどんな可能性も否定したくない。全力を尽くした上でできなかったら、それはそれでいい。結果がなんであれ、「夢のために戦う」ということが大切なのだ。

 我々が抱いてきた夢、みなさんが選手とともに抱く夢と野望が、選手の未来なのだ。これらの野心を通してこそ、よい選手になることができる。そして、それは難しいことではない。私がマヨルカという田舎の、才能はあるがごく普通の子供と一緒にそれをやってのけたのだから、あなた方の多く、あなた方の選手の多くも、きっとやってのけることができるはずだ。

ちょっとこぼれ話

ちょっとこぼれ話(1)

 トニーはラファの叔父で、つまり比較的言いたいことをストレートに言える特殊な立場ということもあり、他のコーチが皆、トニーのように決然と振る舞えるかは微妙なところ。トニーなら正しいことは正しいと、他の選手の指導でも決然といくに違いないが、この微妙さを理解しているクラウディオ・ピストレージ氏(GPTCA)が随所で追加説明。

 「つまり“荷物持ち”をしたらコンシェルジェ、世話係だということだ。それは、選手が雇用者だという問題からくるのだろう。選手が金を払う者だから、コーチは仕事を失うのが怖くて何でもしてしまう。しかし、それではコーチではない。コーチの地位を向上させる意味でも、これは変えていかなければいけない部分だと思う」と言い添えた。

ちょっとこぼれ話(2)

中央がトニー氏、右がピストレージ氏、左がカステラーニ氏(写真◎田中エリカ)

 ストーリーテラーのように淡々と語りつつ、講習者を引き込んでいったトニー。一方、話をまとめたり要約したりすることに慣れたピストレージ氏とカステラーニ氏は、ときどき介入してわかりやすいよう要点をまとめて説明した。

ピストレージ(写真右) 「トニーの言いたいことを要約すれば、選手との仕事では人間的部分が重要であるということ。ラファを子供のときから指導してきたトニーが、何より人間的部分、つまり性格、精神の教育を前に押し出した指導をしてきたということだ。この青写真は、トニーがやってきた仕事、テニスの役割を理解するために重要なことだと思う。よい選手ということ以前に、人間としてのレベルを高く保つように努めることも、我々コーチの重要な任務のひとつであるということだ」

カステラーニ(写真左) 「強調したいのは、このトニーの人間的部分の強調が、彼のコーチングにおいて強い印象を与える要素の最たるものだということ。もし二つ、彼の主な原則を挙げるなら、まずはそれがテクニックであれ何であれ『現実』を率直に見つめるという原則、そして人間としての『普通さ』を保ち続けるという原則だろう。これは他のコーチたちと一線を画した非常に強烈な部分だ」

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録