セレナが東京オリンピックでプレーしないと明言も理由については説明せず

写真はウインブルドンに向けて練習中のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)(Getty Images)


 今年3つ目のグランドスラム大会「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月28日~7月11日/グラスコート)が月曜日、2年ぶりの開幕を迎える。

 セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)はウインブルドン前のビデオ記者会の際に東京オリンピックには行かないと話したが、その理由については言いたがらなかった。

「実は私は、オリンピックのリストには載っていないの。私が知る限りはね。そしてもうそうなら、私はリストに入らないはずだということよ」とセレナはコメントした。

 39歳のセレナは過去の夏季オリンピックで、4つの金メダルをアメリカに持ち帰った。2012年ロンドン五輪ではダブルスとシングルスの双方で金メダルに輝き、2000年シドニー五輪と2008年北京オリンピックではダブルスで金メダルを獲得した。

 彼女のダブルス金メダルはすべて、姉のビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)と組んで勝ち獲ったものだった。2016年リオデジャネイロ五輪でのセレナはシングルス3回戦でエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)に敗れ、姉妹のダブルスでは初戦敗退を喫していた。それ以前のふたりは、オリンピックのダブルスで15勝0敗の戦績を誇っていた。

「私がオリンピックに関してこの決断を下した理由はたくさんある」とセレナはウインブルドン開始前日の記者会見の際に語った。彼女は今年のウインブルドンで、ふたたび24回目のグランドスラム制覇を目指している。

「あまり説明したくない――今日、そのことについて深く説明する気にはなれないわ。悪いけど、たぶん別の日にしてくれるかしら」

 オリンピックを欠場して外から眺めるというのはどのようなものかと尋ねられセレナは、「考えていなかったわ。過去にはそれは私にとって素晴らしい場所だった。でもそんなことについては本当に考えていなかったから、引き続き考えないようにするつもりよ」と答えた。

 ラファエル・ナダル(スペイン)やドミニク・ティーム(オーストリア)など他の選手も、1年延期となったあと7月23日からオリンピックのテニス競技が開催される東京への旅をスキップすると公表している。

 ロジャー・フェデラー(スイス)は東京オリンピックに出るか出ないかについてはまだはっきり決めておらず、ウインブルドンでの状況を見たあとに決断すると土曜日に述べていた。(APライター◎ハワード・フェンドリック/構成◎テニスマガジン)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

写真◎Getty Images

Related