テニマガBreak Time「今、三重県のテニスが熱いやん!」

「そ、そ、そういえばっ!」

 と私が思い出したのは数日前に行われた2回戦の試合だった。センターコートで伊藤が戦った相手、遠藤豪(早稲田大4年)もまた三重県出身。これまた三重県対決だったのである。遠藤は四日市市出身。約31万人と三重県最大の人口を誇る中心都市。テニスの名門、四日市工高で2009年インターハイを制した。卒業後は早稲田大に進学、1年生から活躍し、今年は主将としてチームを引っ張った。伊藤が言う。

「全日本では西岡ともやったし、遠藤ともやったし、三重が来てるなあとは思っていました。その理由ですか? 何でしょうね」

 三重が“来ている”のは一般の部だけではない。昨年の全日本ベテラン選手権40歳以上で優勝した古川正規(おかめ組)、同じく45歳以上を制した山村豊彦(みさとテニスクラブ)、両選手はともに三重県名張市の出身。三重県は国民体育大会(国体)でも強く、常に上位進出を果たしている。やはり、テニスというスポーツが根付いているのは間違いなさそうだ。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録