横山正吾トレーナー×清水悠太プロ「#StayHomeのあとは徐々に動き始めよう!」チューブトレーニング編【本誌連動動画】

横山正吾トレーナー
「しばらくコートから離れていてテニスができなかったという方、トレーニングもできなかったという方も多いと思います。そのような状況の中、いきなりコートに戻ってテニスを始めてしまうと、ケガのリスクが高くなる場合があります。また柔軟性が低くなっていたり、筋力や持久力も落ちていたりと、さまざまな身体の変化が考えられます。

 コートの練習に戻ったときに、いきなり全面を動くのではなく、半面のラリーからスタートをして、徐々に全面の動きに戻していく、そういう工夫をみなさんはされるのではないでしょうか。同様に、動きのトレーニングにおいても、まずは狭い範囲のフットワークからスタートして徐々に動ける範囲を広げていき、最終的に広範囲で動けるようにしていきます。  今回は〈チューブトレーニング編〉として、このあと続く〈メディシンボールトレーニング編〉の前段階のトレーニングをします。チューブを用いたトレーニングによって、筋出力を高めていきます。デモンストレーションは、普段からこれらのトレーニングを行っている清水悠太プロです」

動画再生時間 10分21秒。各トレーニングの詳細はテニスマガジン2020年9月号に掲載。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

Related