全仏決勝進出のパブリウチェンコワ、19歳時のインタビュー「ロシアのプリンセス」



レベルが上の選手よりも
同じほうが戦いづらい

——先日のイスタンブール大会の決勝で、あなたはツイッターに「なんてクレージーな試合なの! 私は5-7 0-4でリードされていたし、第3セットでは1-3だったわ」と書いています。あなたはエレナ・ベスニナとの決勝で、そこからどうやって立ち直ったのですか?

「本当にクレージーな試合だった。第1セットのあと、少し気が動転してしまった。だって5-2で私がサービング・フォー・ザ・セットのセットポイントを迎えていたのに、突然、何かが悪い方向に狂い始め、ミスをし始めた。そしてパニックに陥り始めたの。彼女にはとても勇気があり、どのボールもハードヒットし、それが決まっていた。私はどのポイントも必死に戦ったけど、彼女のプレーが信じられないほどよく、私が負けていた。(第2セットで)0-4とリードされたとき、もうほとんど負けかけていた。だから私は思った。これは決勝だ。このように終わらせて、彼女を勝たせてはいけないと。彼女が勝つにはあと2ゲームある。だからどのポイントも楽には取らせないように戦おうと」

——イスタンブールの翌週のシンシナティ大会でマリア・シャラポワにフルセットで負ける前、ダニエラ・ハンチュコバ、エレナ・ディメンティエワ、シャハル・ペール、そしてヤニナ・ウィックマイヤーを破ったとき、メジャーの大会でいくつかの勝利を挙げたという意味で、あなたのベストな大会となりました。そこであなたは最近の進歩について何を語りましたか?

「大いに語っているわ。ハンチュコバとディメンティエワを破ったことを別としてね。そういうタイプのプレーヤーに対して戦うことはいくぶん簡単なの。なぜならば、とても優秀な彼女たちと闘うときは、一段と集中力をパワーアップしているから。彼女たちを尊敬しているし、負けても失うものは何もない。でもペールとかウィックマイヤーは私と同じレベルなの。だからいくらか難しい。彼女たちとの試合はタフだった。でも私は3セットの中で盛り返したわ。そのことは私のゲームとファイティングスピリットが改善されたこと、特にイスタンブールで優勝したあと、シンシナティでとてもうまくできることを証明した。どの試合も同じように戦った。そのことがまた大きな意味を持つの」

——あなたの兄のアレクサンドルがコーチであることの利点と不利な点は何ですか?

「彼はとても穏やかなので、すごく楽しいわ。それに私の兄だもの。家族の誰かがそばにいてくれるのは本当にいい。おまけに彼はテニスが上手なのよ。不利な点は、彼はいつも私に真実を伝えること! といっても、それが悪いことかどうかわからないけれど。だからたぶんこれもまた有利な点の一つなのでしょう」

——プロツアーに参加することは「理想的な仕事」と言いました。なぜなのか説明してくれますか?

「私は旅行するのが好きなのでツアーをとても楽しめている。そして私たちはたくさん旅行をし、多くの興味ある都市を見て、多くの新しい人々に出会う。それはすばらしい機会であり、それに加え、私は好きな仕事をしている。子供の頃からテニスをプレーするのが好きだったから。すべてをひっくるめて、とても素晴らしい生活だわ」

——弱冠19歳で、あなたはすでに数回、世界中を旅しました。これまで会った中で誰がもっとも有名で興味ある人ですか?

「ロシア人でオリンピックのフィギュアスケートのチャンピオン、エフゲニー・プルシェンコに会ったことがあるのよ。2~3年前に。ディナーをともにし、話をした。それは素晴らしかった。アンナ・クルニコワに会ったことも興味ある出来事かな。だって彼女はずっと年上で、ロシア出身だもの。06年に彼女と同じチームでワールド・チーム・テニスに参加するチャンスがあったの。そして当時私はまだジュニアだったから、それは『うわあ、この有名で偉大な人と一緒にプレーできるなんて、ラッキー』という感じ。彼女は本当に興味深い個性の持ち主。そして実に頭がよく切れ、美しい女性なの」

——WTAツアーで親友は誰ですか?

「仲のいい友達はたくさんいる。誰とでもうまくやっている。特にロシア人とはね」

——あなたの英語は流暢です。どうやって、そしてどこでそんなに英語が上達したのですか? そしていくつの言語を話せますか?

「最初は家庭教師から英語を学び始めた。それから旅に出ることが多かったから、外国の人といっぱい話し、そして基本的に自分で習得した。フランス語も話せるし、読み書きも少しできる。チェコ語はロシア語に似ているから話せる。そしてもちろんロシア語は堪能よ」

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

Related