男子代表校キャプテンからコメント、それぞれの思い [北信越インターハイ]


 8月2日から8日まで長野県松本市を舞台に北信越総体(インターハイ)のテニス競技「第78回全国高等学校対抗テニス大会(団体)」「第111回全国高等学校テニス選手権大会(個人単複)」が開催される。昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止の措置として、春の高校センバツと夏のインターハイの2大高校全国大会が中止されていた。そこから全国の舞台を踏む高校生プレーヤーたちぞれぞれの思いーー。

【北海道】
1|北海道 男子:海星学院(小笠原陸|3年)

 団体戦優勝を目指し、自分がS1として全勝してチームに勢いをつけたいです。

【東北】
2|青森 男子:弘前中央(虻川健太郎|3年)

 私たちは前回大会も出場しましたが、ストレートで初戦敗退し、悔しい思いを味わい、この2年間、必死に練習を重ねてきました。今年はこれまでに積み重ねてきた練習の成果をすべて発揮し、目標であるベスト16を目指して頑張ります。
 また、コロナ禍で十分に練習ができない中、私たちのために練習場所の確保や、その他たくさんの手助けをしていただいた方々への感謝の気持ちを忘れずに全力でプレーします。

3|岩手 男子:岩手(戸塚唯礼|2年)

 岩手高校としてのこれまでの最高戦績であるインターハイ・ベスト16を越え、部活動としての目標であるインターハイ・ベスト4を達成できるよう、団結力と粘り強いプレーを大切にして練習の成果を出し切ります。

4|宮城 男子:仙台育英(佐藤聖璃|3年)

 今大会では、ベスト8以上を目標にメンバー全員で楽しみながらプレーしていきたいです。
 昨年、インターハイが中止となり、先輩方がやるせない気持ちで引退したことを覚えています。そんな先輩方の気持ちも込めて戦っていきたいと思います。
 このような状況の中で大会を運営してくださる方々、私たちをここまで支えてくれた監督や保護者の方々、チームメイトへの感謝の気持ちを忘れずに頑張りたいです。

5|秋田 男子:秋田商業(野坂迅|3年)

 2大会連続24回目のインターハイ出場を決めました。全員が自分のテニスをして秋田県大会を勝ち抜くことができました。
 昨年は新型コロナウイルスの影響で大会が行えず、満足に練習することもできませんでした。対外試合などもできず、チーム内で自分たちの力を高めてきました。それぞれが自分の課題を克服するために日々の練習に励み大きく成長することができました。
 今大会の目標は秋田県勢男子約20年ぶりの団体戦勝利をすることです。昨年の先輩たちや応援してくださるすべての人の思いを背負って粘り強くプレーして、勝ちにいきます。

6|山形 男子:日大山形(齊藤拓海|3年)

 現在のコロナ禍でも大会を開催してもらえることに感謝したいです。特に、このような状況下で運営に携わっていただける方々に感謝を申し上げます。
 会場に入場できなかった部員や家族の分まで、一瞬一球を大切に、チーム一丸となって目標であるベスト8を達成できるように頑張ります。

7|福島 男子:磐城(栁葉結斗|3年)
 
 昨年度は中止となってしまったインターハイを開催していただけることに感謝しています。
 その感謝の気持ちを開催に向けてサポートしてくれたすべての人たちにプレーで少しでも恩返しができればと思います。
 また、福島県代表としての誇りを持ち、臆せず、おごらず、今まで支えてくれた家族、お世話になった方々への感謝の気持ちも忘れずに、また、少しでも恩返しするために全力で懸命に試合に臨みたいと思います。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

Related