サーブにおける足の使い方について「足のキレを出す」


前回はサーブにおける上半身の捻り戻しでしたが、今回は足の使い方になります。

正直なところ、腰や足などの部位よりラケットワークや腕の使い方などに皆さんは興味を持たれると思いますが、パワーの源は腰だったり足だったりします。

例えばボールを全力で投げようとしたときにどこに意識がいくでしょうか。

おそらくほとんどの方が『腕を速く振る』などボールコンタクトに近いところだと思います。

トッププロのサーブの打ち終わりやプロのピッチャーの投げ終わりは右足(右利き)の裏が上を向き、内側へ回旋しています。

腰や足のキレを増すことで結果として腕は速く振られます。

そこで今回は足のキレを増すトレーニングを紹介します。

ツイスト体操

・ネットに対して横を向き1m程離れて立ちます。

・左手でネットを掴み左足のみで立ちます。

・上半身を倒し、右足を伸ばして一直線になるようにします(上半身・右足と左足でTの字になる)。

・右足を90度に曲げ、足の裏が上下を向くよう足の付け根を中心に回旋させます。

・反対を向き、左足の回旋も同様に行います。

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

Related