今回は「切り返し動作」になります。大切な動作なので再度紹介します。

テークバックからフォワードスイングへ切り替わる動作を、切り返し動作と言います。

この動作が身につくと肩から先の腕のねじり戻しが使えるのでスイングが加速するばかりではなく、この動作が抜け落ちた方に比べると肩の負担軽減にもつながります。

サーブでの切り返し動作のコツは、腕のみではなく、腰や上半身のターンで行うことです。

テークバックではラケットを握った腕は「手が前」「肘がうしろ」ですが、切り返し動作後は「肘が前」「手がうしろ」になります。

この動作を横から見ると腕がムチのようにしなって見えます。

ただし、ボールを打つ中でこの動作を身につけるよりも、切り返し動作のみを練習したほうがコツはつかみやすいので、今回もペットボトルを使った練習方法を紹介します。

切り返し動作

①テークバックの形でペットボトルを握ります。

※手をひっくり返して(親指が下 / 小指が上)持ちます。

②ペットボトルをタテ軸に、腰、上半身のターンで「肘が前」「手がうしろ」になるようにします。

腕だけにフォーカスすると、

❶プロネーション(前腕の回内+上腕の内旋)

❷スピネーション(前腕の回外+上腕の外旋)

続きを読むには、部員登録が必要です。

部員登録(無料/メール登録)すると、部員限定記事が無制限でお読みいただけます。

いますぐ登録

Related